少しでも長生きをする医療を求めるべきか

年齢を重ねるとどうしても動きが鈍くなってしまったり、機能が劣ってしまうことがあります。
何か疾患に罹患をしてしまうことも考えられます。
病気になると体が不自由になってしまうこともあります。
そうなると誰かの手を借りなければ生きていくことが出来なくなってしまいます。
昔はそこまで生きることがなかったですが、医療の進歩によって寝たきりになって自分の意思がなくてもただ呼吸をしているだけであれば可能となりました。
しかしそれが人間の尊厳を失うことになります。
1分1秒でも長く生きるために様々な医療機器に囲まれて、薬もたくさん投与されて、これ以上は頑張れないという以上のことを求められてしまうのが現代なのかもしれません。
その人らしく、自分で何でも出来るうちに旅立つというのが理想的なのかもしれません。
話すこともできず、意思疎通も出来ないままでいるというのは、家族だけではなく、本人にとってもかなり辛く、苦しい状況になってしまいます。

身体の痛みを改善します

ぎっくり腰で悩んでいるひとへ。
イースガーデンならその辛さを改善できるかもしれません。

最新記事