工夫をすることで減らせるのが医療ミス

医療ミスというのは、工夫をすることで減らすことができるものです。
何も対策をしていなければ頻発するかもしれませんが、きちんと対策を講じておけば、それほど起こることはありません。
現代日本では、様々な方法で医療ミスを減らす努力が続けられていて、実際にかなり効果が出ています。
昔に比べると、圧倒的にミスの数は減ってきています。
具体的な方法としては、まずダブルチェックの徹底がありますね。
医師と看護師でダブルチェックをするだけでもミスは減らせますし、複数の看護師がチェックをするとさらにミスは少なくなります。
コンピューターを使ってチェックするのもいい方法ですね。
コンピューターは勘違いをすることがありません。
思い込みで見過ごすこともありませんし、複雑な数字データも正確にチェックしてくれます。
チェックシステムにコンピューターを関与させるだけでも、ほとんどミスは起こらなくなるはずです。
ですから現代では手術などにもコンピューターが導入されています。